サイコパスって世の中にいてはならないのですか。

映画などで、サイコパスの残忍を見せてくれています。

こんな人間なんかはぜひとも消えていなくなって欲しいものです。

サイコパスというのは脳の病気なのではと考えていました。

違うらしいです。

生活上の環境の影響でサイコパスは発生するらしいです。

もともと人間は色々な可能性を体の細胞に内包されていて

ある環境の時スイッチの切り替えが起きることもあるらしいです。

そもそも、よく冷静で悩みを見せず仕事をさっさっとこなす人。

その人はサイコパス度が高いんです。

そう有能なんです。

仕事に良心の呵責を持ち込むひとは仕事が遅い。

サイコパスと言われている人でも頭の良い人と悪い人がいて

頭の良い人は欲望は隠せるらしいです。

まあ、どう判断すべきか、人と言うのは難しい生き物のようです。

クレヨンしんちゃん『ふしぎなメガネ』

私はクレヨンしんちゃんをこよなく愛する人間なのだが、数ある名作エピソードの中で1、2を争う話がある。

原作漫画もあるしアニメ化もされているのだが、それは、『ふしぎなメガネ』という話だ。主人公はしんのすけではなく、みさえ。私はみさえというキャラクターが好きである。ネットではみさえを批判しひろしを讃える風潮があるが、私はみさえ派だ。そのみさえが、忙しい日常や家族の世話、刺激のなさに疲れ果てていたときに、コンタクトを落としたメガネザルのコンタクトを見つけてあげたお返しとして『生活に喜びをもたらすメガネ』を貰う。そのメガネをかけるとしんのすけはジャニーズ系イケメンの顔に見え、ひろしはハリウッド俳優のような顔に見えるというもの。しかし、そんな偽りの生活はみさえを喜ばせながらも同時に消耗させていった。2人の為にいつもの3倍頑張ったみさえは倒れてしまう。そんなみさえの為におじやを作るひろし。本物の家族の優しさに触れたみさえは、もうメガネはいらないと思う。そしてメガネは役割を果たしたかのようにすっと消えていく。

この話は、普段なかなか気づけない周囲の人の愛に気づける、心あたたまる話だ。主婦とはなかなか感謝されないつらい仕事であるが、この話を見ると明日も頑張ろうという気持ちになれるのだ。

お休みを久しぶりに一人で過ごす

今日は平日ですがお休みでした。

子供は小学校に行っており、妻は朝からスーパーなど買い物に行っていました。

お昼時まで外出をしても良かったのですが、家で昼寝したりパソコンを触ったりテレビを見てゴロゴロしていました。

そして子供が帰ってきましたのでイッショニお昼御飯を食べました。

ご飯が終わってからは妻も子供も同じマンションのお友達の家に遊びに行くということでしたので私は一人で外出することにしました。

何をするか迷いました。

時間としては4時間くらいありましたので映画を観ようかとも考えました。

ただ割引のある日では無かったのでやめてスポーツ用品店に行きました。

暖かい季節になりましたので少し運動をしたいという気分になり、心拍数計が欲しいと思っていました。

最近の心拍数計は進化しておりスマートフォンと連携出来るようになっていました。

運動量が分かりますしスマートフォンにアプリを取り込んで連動するようにもなっていました。

着せ替えが出来るようにオプションも豊富で仕事のシーンでも違和感なく使用が出来るようになっていました。

大きな目標は無かったのですが一人でブラブラとして自由な時間を過ごすことが出来ました。

お休みに一人で行動したのは久しぶりなので時間はゆっくりに感じました。