家庭菜園は来年の春に向けての準備

マイホームの新築とともに趣味で始めた家庭菜園。買った方が安いんじゃないかとか、虫との戦いはありますがいつも楽しく続けてます。趣味が家庭菜園の私ですが、実は25歳で結婚するまで極度の野菜嫌いでした。そんな私ですが作るのは楽しくてしょうがないです。

さてこの時期は冬から春に向けた野菜の種まきや植え付けの時期です。

冬に食べる野菜というと大根や水菜や白菜など。どうしてもアブラナ科の野菜が多くなると思います。家庭菜園では当然のごとく農薬を使わないのでこれらのアブラナ科野菜の栽培は大変です。数日目を話すと虫に食べられつくしていることもあるくらいです。

書いてる私も、水菜と小松菜が虫に食べられ尽くしてしまったので若干へこんでいます。とはいってもなにか収穫できるようにしとかないといけません。冬に向けては定番の大根、ほうれん草、春菊をまきました。幸い今の所は育ってくれています。それからブロッコリーは苗から植え付けました。

そしてここから春に向けてのものとして、玉ねぎ、ニンニク、スナップエンドウなどを考えています。玉ねぎは大体毎年挑戦しているのですが中々思ったようなサイズのものに揃いません。かたやニンニクは毎年放置していてもきっちりできてくれます。

寒い時期も家庭菜園にとっては大切な季節です。寒さを肌で感じながらお世話を楽しみたいと思います。

とりあえずキャッシングを申し込んでみた

私は現在40歳の会社員、毎月の収入はおよそ25万、そして年2回のボーナス、特に大きな支払いもなく特にキャッシングする必要なんてなさそうに思えますが、ちょっとした事からキャッシングを申し込んでみようと思いました。

実は私、若い頃にちょっとお金を無駄遣いし過ぎてキャッシングのお世話になったことがあり、その時に返済が何度か遅れた事がありました。

その事から特に利用するわけではなかったのですが審査に通るかどうか確かめたく申し込んでみようと思いました、申し込み金額は30万、会社しゃプロミスでした。

どうせ審査に通らないだろうと半分ダメ元で審査結果を待っていたのですが、約30分後にプロミスから連絡があり結果は可決。そして数日後に無事カードが届きました。

ベーコンポテトパイを食べました

昨日、深夜にベーコンポテトパイを食べました。非常に美味でしたね。

友人と会っていたのですが、仕事の都合で夜遅くなってしまい、開いている店が少なかったのでマクドナルドに入ったんです。

0時は回っていたと思います。そこそこ大きな店舗だったからでしょうか。こんな時間でもお客さんはちらほらいました。

深夜にマクドナルドに入る人、意外といるんだなぁと、なんとなく安堵しました。

ベーコンポテトパイを二つとポテト、それぞれ飲み物を注文し席へ腰掛けました。

マクドナルドに入ることがあまりないのですが、案外落ち着きました。ゆったりできてよかったです。

ベーコンポテトパイ…毎日食べたい。実はベーコンが少し苦手なので、美味しく頂けるか気がかりだったのです。

でも、全然油っこくなくて重たい感じも纒わりつく感じもなく、それでいてベーコンの香りがしっかりあって、「これ惣菜なのでは?」って思ってしまうくらい普通に美味しかったです。

CMで「ヘーホンホヘホハイ」とかやってるじゃないですか。友人とふざけてヘーホンホヘホハイで注文しようとしたのですが、店員さん、名札に「研修中」の文字。

困らせたら悪いかなと思い、「ベーコンポテトパイを二つください」とハッキリ注文しました。

とても幸せな夜でした。ベーコンポテトパイ食べただけなんですけどね。

小さな女の子

私の娘は現在生後半年の赤ちゃんです。

まだ上もほとんど入っていなくて男の子か女の子か、服装みないとわからないような感じです。

なるべく女の子だとわかりやすいようにかわいい服装させているのですが髪がベリーショートなので、スカートなど履かせると、帰って男の子が女の子の服を着ているように見えて男の子っぽい感じになってしまいます。

よく女の子は早くにおませさんになると言われますが、さすがに0歳なのでまだ大人みたいな口ぶりで何かを話したりと言う事は無いのですが、女の子らしいのかなと思ってしまうところがあります。

どういったところかというと、鏡を見たり自分の写真を見るのが何より大好きと言う点です。

児童館に遊びに行った時、男の子の赤ちゃんたちがどんどん新しい場所に行こうとハイハイをしてパパやママが大慌てで追いかけている姿をよく見ます。

男女差ではなくあくまで性格的なものなのかもしれませんが、うちの娘は壁などに取り付けられている鏡に夢中になって、どこにも行かずにそこでニコニコと楽しそうに笑ってばかり。

せっかく広い場所で遊んで体を動かしてほしいのに、ろくにハイハイもせず自分の姿に見とれています。

本人が楽しいのならそれで良いかなと諦めていますが今からおしゃれに夢中では少し心配になってしまいますね。

私の願い事。

もうあっと言う間に、今年も後三カ月ですね。年と共に、時間の経つのが早く感じます。今年程自分のこれからの事について、どうしたら良いか悩んだ事はないと思いました。

なぜなら50代目前で、今年高見沢俊彦さんとのイノベーションクラシックで指揮されていた西本智実さんは、私と同じ歳だと知った事と、池田理代子展でプロフィール見た時、私と同じ歳で音楽大学の声楽コースに進まれたと言う事で、焦りを感じていました。PC操作にも慣れて、クラウドソーシングにも少しずつ慣れていきました。

他にも何か出来る事は無いかと思って10月から月一回のペースで、ピアサポーターの講習会に参加する事にしました。ピアとは、当事者と言う意味です。その病気の当事者同士で助け合いながら、長年入院している状態の良い患者を退院させて、地域生活に慣れさせるお手伝いをする事を仕事にしている方達です。

自分になら出来て、やりがいを感じられる、そんな仕事を模索しています。クラウドソーシング(主にライティングで)文章力をつけて、豊富な経験を積んで、小説か自叙伝を書いて出版出来ると嬉しいですね。そしてその本を通じて、健常者と障がい者との見えない隔たりを、無くす事が出来る一つになれたらと思っています。