クレヨンしんちゃん『ふしぎなメガネ』

私はクレヨンしんちゃんをこよなく愛する人間なのだが、数ある名作エピソードの中で1、2を争う話がある。

原作漫画もあるしアニメ化もされているのだが、それは、『ふしぎなメガネ』という話だ。主人公はしんのすけではなく、みさえ。私はみさえというキャラクターが好きである。ネットではみさえを批判しひろしを讃える風潮があるが、私はみさえ派だ。そのみさえが、忙しい日常や家族の世話、刺激のなさに疲れ果てていたときに、コンタクトを落としたメガネザルのコンタクトを見つけてあげたお返しとして『生活に喜びをもたらすメガネ』を貰う。そのメガネをかけるとしんのすけはジャニーズ系イケメンの顔に見え、ひろしはハリウッド俳優のような顔に見えるというもの。しかし、そんな偽りの生活はみさえを喜ばせながらも同時に消耗させていった。2人の為にいつもの3倍頑張ったみさえは倒れてしまう。そんなみさえの為におじやを作るひろし。本物の家族の優しさに触れたみさえは、もうメガネはいらないと思う。そしてメガネは役割を果たしたかのようにすっと消えていく。

この話は、普段なかなか気づけない周囲の人の愛に気づける、心あたたまる話だ。主婦とはなかなか感謝されないつらい仕事であるが、この話を見ると明日も頑張ろうという気持ちになれるのだ。